ホームページ制作 Web Aqua(ウェブ・アクア)では、Wix・Jimdo・WordPressによるホームページの作成および運用のアドバイスを行っています。

WordPressを使ったホームページ作成のメリットデメリット

WordPress(ワードプレス)とは?

WordPressとは、CMS(Contents Management System:コンテンツマネジメントシステム)と呼ばれるプログラムを使ったシステムの一つです。

WordPress.orgのWebサイトからPHPプログラムのソフトウェアをダウンロードし、サーバーにインストールして使います。ダウンロードは無料で、高機能に使うためのカスタマイズも自由にできるため、多くのホームページ制作業者がこれを使ってホームページを作成し納品しています。

開発元は、アメリカ・サンフランシスコ在住のMatt Mullenweg氏。2003年に初版がリリースされ、WordPress Foundationが商標権を保有してはいるものの、誰もが自由に使うことのできるプラットフォームであるため、以降WordPressは世界中で使われています。

日本人向けには、WordPress 日本語ローカルサイトにて、最新の WordPress 日本語版 のダウンロードや、WordCampやWordBenchなどのイベント情報、フォーラムでの技術的情報などを得ることができます。

 

WordPressのメリットとは

サーバーにWordPressを設置することができれば、ブログ付きの高機能なホームページを作成することができます。

例えば、ホームページの中でブログを更新し、最近記事を自動的にトップページに表示させたり、カテゴリー別にブログ記事を表示させたり、サイドバーを自由に並び替えたりなど、便利にホームページを使うことができるようになります。

さらに、プラグインと呼ばれる付加機能を追加するとさらに機能を追加することもできます。

 

WordPressのデメリットとは

昨今ハッキングの被害にあうWordPressサイトが増えています。これはWordPressが悪いというよりも、管理者がWordPressやプラグインのアップデート作業を行っていないことにより起きているホームページ上でのトラブルです。

WordPressのダッシュボードにログインすると、アップデートの必要なプログラムがある場合、「更新」のところに赤い丸印で通知が表示されます。

これは、WordPressのシステムをサイバー攻撃から守り、ホームページを乗っ取られないための大事な作業なのですが、なかなか一般のユーザーには敷居の高いものであるため、アップデートされないままのホームページが多くあり、そういった古いシステムのまま運用されているホームページがハッキングなどのサイバー被害にあっているのが実情です。

ですので、WordPressでホームページを作成する場合は、必ず管理者を決めてアップデートなどのメンテナンスを怠らないようにすることが肝心です。難しい場合は、自分でメンテナンスをする必要のない、WordPress.com を利用するのも一つの方法です。

 

もうひとつのWordPress、「WordPress.com」とは?

「WordPress.com」とは、サンフランシスコに本社を持つAutomattic社が開発・運営しているレンタルブログサービスで、開発元はWordPress.orgのプログラムと同じです。

インターネット上でアカウントを作成し、ホームページを作るというものになります。無料でも派手な広告が表示されることが少なく、有料版にアップグレードすることで独自ドメインを使えたり、デザインのカスタマイズ性が向上したりということで、ビジネス用途にもたいへん向いているサービスです。

難しいインストール作業や、ソフトウェアのアップデートなどは不要で、メンテナンスはWordPress.comが行いますから、初心者でもWordPressの高機能を手軽に使うことができます。

 

ガンガンブログを書いて記事を増やしたい人に最適

WordPressでは、ブログの記事を「投稿」と呼んでいます。ブログを書くには「新規投稿を追加」という画面で、タイトルと本文を入力して「公開」ボタンを押すだけ。公開と同時にブログの更新情報がインターネット上に飛んでいき、新しいアクセスを得やすい仕組みになっていて、SEOにも強いと人気です。

また、多くの無料ブログとよく似た操作感で、無料ブログを卒業したブロガーが好んで使うのもWordPressです。

これらのことから、連日多くのブログ記事を更新し、ホームページを充実させたいユーザーには、WordPressは最適であると言えます。

 


このページのトップに戻る